かつお・まぐろコラム

なぜ10月10日はまぐろの日?

まぐろの歌

今から1300年ほど昔の奈良時代に、

山部赤人(やまべのあかひと)という歌人がいました。

この山部赤人が、西暦726年(神亀3年)の10月10日に、

奈良の大仏を建立したことで有名な聖武天皇(しょうむてんのう)のお共をして

兵庫県の明石地方を訪れたときに、

まぐろ漁で栄えているこの地方をたたえて読んだ歌が残っています。

この山部赤人の歌は、日本人とまぐろの深いかかわりをしのばせる、

昔から有名な歌で、山部赤人がこの歌をよんだとされる日にちなんで、

毎年10月10日は「まぐろの日」とされています。

長歌:山部赤人

やすみしし 我が大君の 神(かむ)ながら

高知らせる 印南野(いなみの)の 邑美(おふみ)の原の荒たへの 藤井の浦に

鮪(しび)釣ると 海人舟騒き 塩焼くと 人ぞ多(さは)にある

浦を吉(よ)み うべも釣りはす 浜を吉み うべも塩焼く

あり通ひ 見(め)さくも著(しる)し 清き浜 (長歌:山部赤人)


【意訳】 天下をお治めになる天皇陛下が、

宮殿をお造りになる印南野の邑美の原の藤井浦(今の兵庫県明石市)には、

多くのマグロをとる漁船が行きかっていて、塩焼き(海水から塩を作る仕事)を

するたくさんの人々が浜に出ている。

良い海岸なので釣り人も多く、良い浜なので塩を焼く人々もたくさんいる。

天皇陛下が、ひんぱんに通いなされるのも、うなづけることで、なんと清らかな浜だろう。