かつお・まぐろコラム

どうして『ネギトロ』って言うの?

「ねぎとろ」と「むぎとろ」

『ネギトロ』とは、もともとは、まぐろ一本を丸々買っている大きな業者が、

切身を取ったあとの骨のすきまにある身(中落ち)や、

皮の裏の身をそぎ落として作っていたのが始まりで、『ネギトロ』といっても、

いわゆる『トロ』は使われていません。

『ネギトロ』の『ネギ』の語も、『身をねぎ取る』という言葉から派生したものだそうで、

野菜のネギとは関係がなく、一般的に、ネギトロにネギをのせることはあっても、


ネギトロ自体にネギが入っていることはありません。


 最近は、『トロ』を使ったネギトロや、『ネギ』を混ぜたネギトロも販売されていて、

元々の由来とは関係なく、まぐろの身を叩いて、

ペースト状にしたものを『ネギトロ』と呼んでいます。


 このほか、ネギトロの元祖である寿司店が、

よく通っていた『むぎとろ』と言う店の名前の語呂合わせで名付けたという説もあります。