まぐろと日本酒と落語の夕べ

安心!安全!美味しい! 天然・国産・船凍のかつお・まぐろ

日本かつお・まぐろ漁業協同組合は、全国の遠洋かつお・まぐろ漁業者による生産者団体です。所属のまぐろはえ縄漁船は世界の海で天然のまぐろ類を、かつお一本釣り漁船は太平洋においてかつおやビンナガを一本一本船上へ釣上げ、船凍(船上の凍結装置で急速凍結)を行ないます。これによって、自然の海で育ったかつお・まぐろの旨味をそのままの状態で食卓へお届けすることを可能としております。当組合所属の漁船がお届けする「海のめぐみ」、天然のかつお・まぐろ類を引続きご愛顧下さい。

組合・協同の仕事:

[1] 遠洋かつお・まぐろ漁業の維持・存続のため、漁業経営への支援を行なっています。水産庁、国土交通省、外務省等の関係省庁および大日本水産会、海外漁業協力財団等の関係団体と連携して国際会議等への対応、関連諸規則の漁業者への周知、また、漁業者要望の関係機関への伝達等を行なっています。
[2] 所属組合員は、青森から鹿児島まで幅広く、主要な港は、気仙沼(宮城県)、三崎(神奈川県))、焼津(静岡県)、清水(静岡県)、奈半利(高知県)、いちき串木野(鹿児島県)などがあります。
[3] 所属組合員の漁船は、まぐろはえ縄漁法では、遠く大西洋、インド洋および太平洋に出漁して、クロマグロ(Bluefin tuna)、ミナミマグロ(Southern bluefin tuna)、メバチマグロ(Bigeye tuna)、キハダマグロ(Yellowfin tuna)等を漁獲し、かつお一本釣り漁法では、太平洋に出漁してカツオ(Skipjack)、ビンナガ(Albacore)を漁獲します。
[4] 日本かつお・まぐろ漁業協同組合は、出漁するかつお・まぐろ漁船の国際漁場の確保(公海漁場及び各国200海里漁場)と関係国内法令・国際法令の遵守の指導等に関するサービス提供を行い、日本かつお・まぐろ漁業協同株式会社は、これらかつお・まぐろ漁船への燃油、食料品、餌や外国人漁船員の手配のみならず、漁獲物の買取や販売先との協議を行う橋渡しのお手伝いをしています。
[5] こうして組合員が漁獲したかつお・まぐろは、市場や買取商社等、流通機関を通じて皆様の食卓に届けられています。

乗組員になりたい方へ
  • グループ各社
  • マグロウくん
  • 日本かつお・まぐろ 動画はこちら
  • 放射性物質調査結果
  • 船舶保守エンジニア(技師)
  • 販売ページはこちら